ラック管理システムについて

ラックを購入してから破棄するまでのライフサイクルを追跡することで、次回購入時期の目安や計画が容易となり、費用対効果の可視化が可能です。
また、リターナブル(繰り返し再利用)することにより、環境への意識付けが行え、紛失による再購入などの経費削減に繋がります。
はかどるゾウの「ラック管理」は、ラックを管理することで「現品相違」「誤出荷」等が軽減され、お客様へ「安心」という価値と信頼を約束します!

ラック管理システムの主な機能

ラック管理システムの主な機能

ラック管理システムのポイント
特徴1 データの可視化

いつ、誰が、何を、何の目的で使用しているのか、ラックの所在確認、出荷数、回収数、所在場所、保有数等が管理でき、データとして可視化できます。

特徴2 入力軽減によるコスト削減

ハンディターミナルを使用することにより、仕込みにかかる手間や、データ入力時間のコストが削減できます。

特徴3 調達数の削減

景気変動に伴うラックの適正数が把握できるだけでなく、ラックを追跡管理することで、次回購入時期の検討や計画が算出でき、調達数の削減が見込めます。

特徴4 メンテナンスサイクルの確立

未回収放置によるラックの損傷を軽減し、ラックをメンテナンスすることによりリターナブル(繰り返し再利用)を意識したサイクルが確立できます。

特徴5 他システムへ連動

ラック管理を軸に他システムである「在庫管理」や「配送管理」への連動も可能です。

PDFダウンロード

パンフレットをPDFでご覧になれます。
掲載内容には変更が生じる場合がございますのでご了承ください。


ラック管理システムパンフレット  
PDF形式 : 2.74 MB パンフレットダウンロード

PDFの閲覧にはアドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。 Adobe Readerダウンロードページへ
ご利用のマシンにインストールされていない場合は右のリンクからダウンロードしてください。
お問い合わせ

ラック管理システムに関するお問い合わせはこちら

お見積り・ご相談・お問い合わせにつきましては無料で対応いたします。
訪問可能エリアであれば訪問することも可能です。